Nikkan support 韓国語留学、ワーキングホリデー滞在の準備・サポートは専門現地エージェントにご相談ください。下宿(ハスク)・コシウォン探しもお任せ!ソウルの日本人女性スタッフによるきめ細やかなサービス!   
Site map
 
School house etc FQA company
e-mail
open time




漢字で「考試院」」とかくコシウォンは、もともとは公務員や司法試験受験生のための勉強部屋でした。

 

ビルの何階か部分をコシウォンとして占有しており、個別の部屋が廊下にならびます。

 

現在は多くの留学生に利用されており、現地韓国人の学生だけでなく会社員も住んでいます。

 

決められた食事時間がなく、プライバシーが守られ、設備も充実しており、自由に生活できます。

 

短期滞在も受け入れてくれるので、短期留学生にもぴったりです!

 

ホテル「Hotel」のTelをとり「コシテル」

「ワンルームテル」「リビングテル」などと呼称しているところもありますが、

 コシウォンとコシテルの厳格な区分はありません。 

 

 

特徴

小さな3,4畳くらいの部屋に家具、家電が完備されておりすぐに生活できます。

(ベッド、机いす、棚、洋服ダンス)

(TV、冷ぞう庫、インターネット回線)

 

トイレ・シャワー室が個室にあるお部屋が人気。

 

 

ご飯やキムチ・インスタントラーメン等が無料提供されます。
(提供されるものはコシウォンによって異なる)

 

 共同キッチンで自炊も可能です。

 

家賃の高さによっては、2人部屋、女性専用、エアコン付などの特徴があり、

コシウォンによって利便性はさまざまです。

 

 

※注意※

・きれいな建物・部屋は多いのですが驚くほど狭いのが難点です。

 

・上記は一般的なコシウォンの特徴です。コシウォンによってルールや設備が異なります。

 

 

家賃の相場

 

月単位の契約で、1か月からの滞在が可能です。

 

光熱費は家賃に含まれています。

 

部屋の保証金は一般的にありませんが、

「個室の鍵・TVのリモコン」のデポジットが3~5千円くらい必要です。(退去時返金されます)

 

 

1ヶ月の家賃は、トイレ・シャワーありのお部屋でだいたい45~65万ウォン程度です。

 

(エリア、設備の良し悪しでかなり幅があります。)

(ブログのコシウォン紹介も御参照ください。リンクはこちら

 

 

 

コシウォン手配料 1万5千円 + 宿前金 1万円

                (入居月の家賃10万ウォンに充填)

※前金とは、手配をする際にお部屋を前もっておさえておくために家賃の一部として弊社が先にお支払いするものです。
宿前金の10万ウォンはレート変動に関わらず1万円を頂戴しております。予めご了承下さいませ。(2016年6月現在)
コシウォン手配料の1万5千円と合わせてお支払いただきます。

例えば家賃50万ウォンのお部屋の場合、ご入居月の家賃は現地で直接40万ウォンをお支払いいただければ大丈夫です。